南九州市の太陽光発電助成制度を利用する

太陽光発電は再生可能エネルギーである太陽光を利用するため、環境に優しい発電方法として注目されてきています。
そして、この発電方法は二酸化炭素を排出せず、家庭でもシステムを設置すれば行えることから、家庭からの二酸化炭素排出量を減らして地球温暖化を防止しようという目的のもと、その導入を国などが補助金を出して援助しています。
南九州市でも家庭用の太陽光発電システムを設置する人に対して、「太陽光発電導入支援事業補助金制度」という名前で、その設置費用の補助制度を設けています。
この補助金は1kWあたり3万円で上限が12万円となっています。
設置費用には100万円以上かかることからその費用負担を補助金で軽減して多くの家庭に太陽光発電を導入しようという狙いです。
実際にこの助成制度を利用して自宅家屋に太陽光発電システムを導入する人は増えてきています。
太陽光発電は、昼間に発生した電力を夜間に利用すれば電気代の節約にもなることなどのメリットがあるので、これから南九州市では、さらにシステム設置をする家庭が増えるでしょう。