太陽光発電の得なこと、あれこれ

太陽光発電得なポイントはいろいろあります。
経済的なお得感ばかりに目が行きがちですが、それ以外にもとてもユニークなものがあります。
それはエコ意識が変わるということです。
「電気代がお得になる」ということで、太陽光発電システムを導入する方が多いと思います。
太陽が出ている昼間はまさに電気代はただですから、電気代を気にせずばんばん電気を使える状態です。
ところが、実際に太陽光発電システムを導入すると、ばんばん電気を使うのではなく、今まで以上に節電するようになる方が少なくないのです。
つまり、エコ意識が高まったわけです。
どうして?
と思うかもしれませんよね。
ご意見を聞いてみると、太陽光発電システムを導入することで「電気のありがたみがわかった」と言うご意見が多いようです。
普通の電気であれば、いつでも同じように住まいに供給されてきます。
しかし、太陽光発電の場合は、その日の天候に発電量が左右されたり、夜には発電できなくなったりと、不安定な部分があります。
そのために電気が作られることのありがたさや大切さを感じながら電気を使うようになり、結果的に節約意識が高まるというわけです。
導入前と比べると、10~20%も節電するようになったというご家庭も少なくありません。
また、余剰電力を売ることができるので、エコな生活を心がけるようになったという方も大勢います。
昼間、太陽光発電で得た電力は、使わなければ売ることができます。
ですから、無理して電気を使う必要はありません。
むしろ、節約すればするほど、それが収入として戻ってきますので、今まで以上に節約生活を心がけるようになるようです。
売電によって生まれた収入は、太陽光発電ができない夜間の電力費にあてることで、結果的に自宅での電気代を軽減することができるようになります。
また、売電で得た収入が夜間電力費を上回った場合は、まさに不労収入になりますよね。
このように太陽光発電システムを導入することで生まれるエコ意識は、太陽光発電の目に見えないメリットと言われています。

get( 'keyword', 6 ) ?>
get( 'comment', 6 ) ?>